ここが大事!住む前に確認するべき点

窓からの景色の変化に注意

マンションの上層階に住むことを検討しているなら、窓からの景色が契約を決める要素のひとつになるかもしれません。新興住宅地に建築されるマンションの場合、窓の向かいにある土地がどのように使われるのかチェックしましょう。住み始めた当初は視界が開けていたとしても、数年後には大型のマンションや商業施設が建設されて景色が大きく変わってしまうおそれがあります。山や海など、象徴的なものが見えている場合は、それが見えなくなるかもしれないので注意が必要です。地上1階から3階程度の部屋の場合は景色を重視する必要はないかもしれませんが、ほかの建物の建築により日当たりが変化するおそれがあるのでチェックが必要なことに変わりはありません。

設備の管理状況を確認しよう

賃貸物件を探すとき、ある程度候補が決まったら現地を見学するのが一般的です。このとき、物件の内部だけではなく建物の周囲もチェックしてください。共用部分の清掃などは管理会社が行うのが通例ですが、きちんと管理業務が行われているか判断できるかもしれません。具体的には、植栽が荒れていたり、空室のポストがふさがれていないとしたら要注意です。また、敷地内にゴミ捨て場があるなら必ずチェックしてください。収集されずに残ったゴミが多数ある場合は、管理業務が不十分である可能性がありますし、ゴミの捨てかたを守れない住民がいる可能性が高いと想像できます。契約後におだやかな生活を送るためにも、物件の見学は積極的に行ってください。

北見の賃貸は、タイプの異なる物件が豊富に存在するため、様々な条件による物件探しが可能で、自分に合った物件が見つかります。